日々の出来事をお伝えしていきます。 -最近の記事

和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝&有田地方工作展 表彰

11月18日(火)の朝の全校集会で表彰をおこないました。

以前より、学校便りやHPでも紹介していましたが、先日2月16日(日)に和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝競争大会が開催されました。

有田川町Aチームは、今までの新記録で、見事8位入賞を果たしました。

また、3年奥村君は、5年連続この大会に出場したことで、表彰を受けました。

020218  ジュニア駅伝表彰.JPG

また、同じく2月15日(土)~16日(日)に、金屋農村センターにて、有田地方工作展が開催され、入賞した9名の皆さんの表彰をおこないました。

020218   有田地方工作展表彰.JPG

【入賞者】

1年 作品(動物パズル )

松井暖太君、中西一花さん、硲田光幸君、木下奈々さん

2年 作品(寄せ木アート)

畑屋来依君、大橋理伽さん、上前琴音さん、服部叶愛さん、三木蒼以さん

3年 作品(篆刻)

調美法さん、竹中優豪君、平田咲人君、井川天尋さん

2020年2月18日 12:33 | コメント(0)

生徒会主催 3年生を送る会

11月17日(月)の5・6時間目に生徒会主催の3年生を送る会が開催されました。

前半は、お世話になった3年生チームと下級生チームがソフトバレーで交流しました。

その後、みんなで生徒会が作成した思い出アルバムを鑑賞しました。

最後に、下級生から3年生の2クラスにお世話になった感謝の意を込めて、

花束を贈呈しました。

3年生は受験勉強が続くなか、ほんのひとときですが、リフレッシュできたんじゃないでしょうか。

02217   3年生を送る会①.jpg

020217  3年生を送る会②.jpg

020217  3年生を送る会③.jpg

020217  3年生を送る会④.jpg

020217  3年生を送る会⑤.jpg

020217  3年生を送る会⑦.JPG

2020年2月18日 11:59 | コメント(0)

"ゴミゼロ"に挑む女性リーダーから本当のエコを学ぶ。

四国一小さな町、上勝町を拠点に、ゴミゼロにする取り組みを推進している坂野(さかの) 晶(あきら)先生(特定非営利活動法人 ゼロ・ウェイストアカデミー理事長)のお話を全校生徒、職員でお聞きました。
 住民や行政と一緒に"ゴミゼロ"を推進し、環境に配慮できる人材育成や商品開発、環境への調査や研究を続けてこられ、一緒に取り組む仲間の輪を世界中に拡げてきました。そんな坂野先生だから、説得力もあり、知らなかった事をたくさん学ぶことができました。
 また、世界のダボス会議で議長をされるなど、若手リーダーとして活躍されるその志をも学ぶことができたと思います。
 3年生は、義務教育終了が近づいてきました。社会に出て行くための心構えであったり、考え方をより豊かにする必要があります。その意味でも坂野先生のお話は、よき先輩に学ぶいい機会でした。

020210  エコ学習①.jpg020210  エコ学習②.jpg020210  エコ学習③.jpg020210  エコ学習④.jpg


 
講演から学んだ知識
 ○ 燃えるゴミはリサイクルでき、燃えないゴミはリサイクルできないと考えながらのゴミ分別が大切。
 ○ 日本でのプラスチックリサイクル率は20%と極めて低い。
 ○ プラスチック処理が難しく、処理のほとんどが燃焼させることだから、地球温暖化に繋がる。
 ○ 2050年には、世界中の魚の重さより、海洋プラスチックの方が重くなる予想。
 ○ 2050年には、レアメタルがなくなる可能性があるので、リサイクルが大切。
 ○ 人は、1週間に1枚のクレジットカード分のプラスチックを食べている計算になる。
 ○ 進学予定の学校が、環境に力を入れているので、とてもいい知識となった。
 ○ レジ袋有料化、竹皮のストロー・スプーンなど、ゴミの出ない方向に世界はなりつつある。
 ○ レジ袋を使うたった15分間のために、大切な資源が消費されている。
 ○ 外国の方で、1年間のゴミの量が瓶1本分の人がいると聞いて驚いた。
○ 企業も環境を意識して、製品の素材を変えたり、素材開発に取り組んでいる。

感想等
 ○ 上勝町では、40種類以上にゴミ分別している。その中で、まだ使える物を分け合っており、使い方が変わると資源になることがわかった。有田川町でも参考にできるものがあるかもしれない。
 ○ とにかく3R( リデュース減らす リユース繰り返し使う リサイクル再資源化する)を心がけることが大切だと思った。
 ○ 提案しても実行できないと思っていたことを実行にまでこぎつけた坂野さんがすごい。
 ○ あまり環境に興味はないが、ゴミの分別だけはきちんとしなければいけない。
 ○ 環境に関心のある人10%、全くない人10%、無関心が80%いる中で、大部分の無関心80%をいかに動かして巻き込むことが大事かわかった。
 ○ 今はゴミのことを親に頼んでいるが、自分が社会に出たら、ゴミは管理しなければいけないので、しっかり分別できるようになりたい。
 ○ ゴミのことを学びたい人や団体が、上勝町に来て学ぶ。一人でも環境に関心を持つ人が増えれば、地域の活性化になるだろうなと思う。
 ○ 安易に物を捨てず、安易に物を買わず、環境について考えられるようにしたい。
 

2020年2月13日 16:37 | コメント(0)

3学期授業研究会

以前も紹介しましたが、 本校では 必ず全教員が、 本校教員や他校、教育委員会の先生方に授業を参観していただき 授業の在り方を考える研究授業を実施しています。その後、反省や他の教員が学ぶべきことを協議し、交流し合います。
 今回は英語科と特別の教科道徳の研究授業の様子を紹介します。

英語科研究授業

 中先生が、1月29日3限目、1年B組の生徒を対象に、研究授業を実施しました。英語科では、子ども達がグループやペアを作って、学び合ったり、伝え合ったりする場面をたくさん設定しています。また楽しく学べるように、ゲームの要素を取り入れながら、活動しています。今回は、英語助手のクリントン先生と一緒に授業を提供してくれました。難しい英語の文法も、ゲームを交え、また仲間と話し合いながら、文を完成させていきました。生徒たちは、集中力が途切れることなく、楽しく授業に参加していました。有田川町教育委員会から、林指導主事さんも参観に来られ、指導方法についてご指導・ご助言いただきました。020129  英語科研究授業.jpg020129  英語科研究授業②.jpg

特別の教科道徳の研究授業

楠畑先生が、1月29日6限目、3年A組の生徒を対象に実施しました。道徳は教科化され、今後は道徳の教科書を使って、指導する形が多くなります。今回は、和歌山県教育委員会が出版している道徳読み物資料「希望へのかけはし」の中から教材を選定し、実施しました。道徳は自分の考えや友達の考えを出し合い、交流しあうことで、より多様な考え方を学ぶ学習です。生徒の本音を引き出すための「発問」や「指示」が大切になってきますが、様々な意見が出て、学びある授業となりました。有田川町教育委員会から、中澤統括指導主事さんも参観に来られ、指導方法についてご指導・ご助言いただきました。

020129   道徳授業研究会.jpg020129   道徳授業研究会②.jpg

2020年1月30日 11:40 | コメント(0)

校外学習にむけての調べ学習(2年生)

 1月31日(金)に行われる大阪校外学習にむけて、2年生の各班が見学場所の計画を立てているところです。チェックポイントや電車時間、路線名、ホームの出口、徒歩で何分?等、班員で話し合いながら、インターネットを駆使して調べています。

 来年の修学旅行の練習も兼ねています。ぜひ繋げられるように頑張っていきましょう。

020122  校外学習調査.jpg

2020年1月24日 11:35 | コメント(0)

有田地方中学校駅伝大会 表彰式

 1月21日(火)朝の全校集会にて、標記の表彰式を行いました。

 男子一区区間賞・・3年奥村君

 女子Aチーム3位入賞

と大健闘しました。

 今後、市町村対抗ジュニア駅伝に向けて、挑戦が始まります。

 皆さん応援よろしくお願いします。

020121  駅伝表彰①.jpg

【男子 1区区間賞 3年奥村君】    【女子Aチーム3位入賞】

020121  駅伝表彰②.JPG

男子Aチーム 1区区間賞 3年奥村君(男子キャプテン)

女子Aチーム 

1区 2年上前さん

2区 2年徳岡さん

3区 2年矢田さん 

4区 2年古岩さん

5区 3年栗本さん(女子キャプテン)      

2020年1月22日 10:48 | コメント(0)

有田地方中学校駅伝大会 男女チーム大健闘!

1月18日(土)、有田地方中学校駅伝大会が開催されました。この駅伝大会は、学年や部活のわくを超えた各中学校代表選手が一同に集まり競いあう、伝統ある大会です。
 本校からは、男子Aチーム・Bチーム、女子Aチーム・Bチームの合計4チームが金屋中学校代表チームとして出走しました。責任という重圧の中、一秒でも早く、一歩でも早く、必死の思いでたすきを繋いで行きました。
 また、駅伝部はもとより、部活動仲間、友人、保護者・育友会関係の皆さんが、ONE TEAMになって、一生懸命応援してくれました。きっと選手の皆さんの心にも、声援の声が届いたことでしょう。

 結果、見事女子Aチームが3位入賞を果たし、3年奥村君が1区区間賞を取りました。
 入賞はできなかったけれど、女子Bチーム9位、男子Aチーム9位、男子Bチーム17位と健闘しました。
 熱い声援を送ってくださり、温かく見守ってくださりました保護者・地域の皆様方、本当にありがとうございました。
 また競技後、育友会保体部会の皆様によるうどんの炊き出しもあり、ごちそうになったうどんは大変おいしかったと子どもたちは大喜び。ありがとうございました。

※ 画像をクリックすると多少拡大してご覧になれます。

【女子Aチーム】・・3位入賞!020118   駅伝②.jpg

【男子Aチーム】1区3年奥村君、区間記録!

020118   駅伝①.jpg

【女子Bチーム】

020118   駅伝③.jpg

【男子Bチーム】

020118  駅伝⑤.jpg

【みんなで記念撮影】

020118  駅伝④.JPG

2020年1月20日 18:23 | コメント(0)

~ 有田地方中学校駅伝大会に向けの壮行会開催~

1月18日(土)、有田地方中学校駅伝大会が開催されます。本日朝の全校集会で壮行会が行われました。男子駅伝チームキャプテンの3年奥村君と女子駅伝チームキャプテンの3年栗本さんが心強い宣誓をしてくれました。頼もしかったです。駅伝部の皆さんは、12月に発足して以来、毎日早朝練習や放課後練習、試走にもくもくとチャレンジしてきました。途中、体の故障で、思いっきり走れなかったり、思い通りにタイムが伸びなかったり、体調の変動があったり、それなら負けじと夜、休日も走りに出かけたりと、様々に選手の皆さんの駅伝にかける思いを聞いています。苦しい思いをして必死で練習に励んでいる選手の皆さんを見るたびに、軽はずみな声はかけづらく、「頑張れ!頼むよ!」と心の中でいつも応援していました。当日は男女それぞれ5人の代表選手がたすきをつないでいきますが、当日走れずともいつも高い目標をもって共に競い合ってきた仲間がいたからこそ、結果を生み出せます。今まで競い合ってきたライバルは、当日は真の仲間です。代表選手の背中をみなさんの応援で後押ししてあげてください。     そして"This is KANAYA"金屋中学校ここにありを知らしめてほしいです。
 全校生徒・職員・地域のみなさんすべてが駅伝部の応援団です。ONE TEAMになって頑張りましょう。健闘をお祈りします。

020118  駅伝壮行会①.jpg

2020年1月17日 16:24 | コメント(0)

第14回有田川町新春マラソン大会 駅伝部も各部活動チームも精一杯頑張りました。

1月13日(月)新春マラソン大会が開催されました。本校からも駅伝部や各部活動で参加しました。ジュニア駅伝選考会の部、一般参加の部に参加し、たくさんの入賞者を輩出しました。日頃の部活動の練習、早朝練習、自主練習の成果が出ましたね。入賞できた、できなかったに関わらず、参加した皆さん本当によく頑張りました。

010113  新春マラソン大会記録.JPG

010113  新春マラソン大会①.jpg

010113  新春マラソン大会②.jpg

010113  新春マラソン大会③.jpg

010113  新春マラソン大会④.jpg

2020年1月14日 18:14 | コメント(0)

3学期スタートしました。

2020年1月 8日 13:52 | コメント(0)

学校について

金屋中学校
〒643-0153
和歌山県有田郡有田川町大字中井原252
0737-32-3171