3学期授業研究会

以前も紹介しましたが、 本校では 必ず全教員が、 本校教員や他校、教育委員会の先生方に授業を参観していただき 授業の在り方を考える研究授業を実施しています。その後、反省や他の教員が学ぶべきことを協議し、交流し合います。
 今回は英語科と特別の教科道徳の研究授業の様子を紹介します。

英語科研究授業

 中先生が、1月29日3限目、1年B組の生徒を対象に、研究授業を実施しました。英語科では、子ども達がグループやペアを作って、学び合ったり、伝え合ったりする場面をたくさん設定しています。また楽しく学べるように、ゲームの要素を取り入れながら、活動しています。今回は、英語助手のクリントン先生と一緒に授業を提供してくれました。難しい英語の文法も、ゲームを交え、また仲間と話し合いながら、文を完成させていきました。生徒たちは、集中力が途切れることなく、楽しく授業に参加していました。有田川町教育委員会から、林指導主事さんも参観に来られ、指導方法についてご指導・ご助言いただきました。020129  英語科研究授業.jpg020129  英語科研究授業②.jpg

特別の教科道徳の研究授業

楠畑先生が、1月29日6限目、3年A組の生徒を対象に実施しました。道徳は教科化され、今後は道徳の教科書を使って、指導する形が多くなります。今回は、和歌山県教育委員会が出版している道徳読み物資料「希望へのかけはし」の中から教材を選定し、実施しました。道徳は自分の考えや友達の考えを出し合い、交流しあうことで、より多様な考え方を学ぶ学習です。生徒の本音を引き出すための「発問」や「指示」が大切になってきますが、様々な意見が出て、学びある授業となりました。有田川町教育委員会から、中澤統括指導主事さんも参観に来られ、指導方法についてご指導・ご助言いただきました。

020129   道徳授業研究会.jpg020129   道徳授業研究会②.jpg

2020年1月30日 11:40 | コメント(0)

コメントする




入力必須項目

スパム対策のため半角英数字のみのコメントは受け付けできません。
このコメントは、承認制となっています。管理者が承認するまでサイトに表示されません。

学校について

金屋中学校
〒643-0153
和歌山県有田郡有田川町大字中井原252
0737-32-3171