東日本大震災

9年前の3月11日、14時46分、東日本で大きな地震が起こり、津波が発生し、多くの人がぎせいになりました。

たくさんの人が家族や友人など、愛する人を亡くし、現在もまだ多くの人が避難したり、不自由な生活を送っています。

鳥屋城小学校でも、半旗をかかげ、弔意(ちょうい...亡くなった人のことを思い悲しむこと)を表し、14時46分には黙祷(もくとう...1分間目をつむり、動かずにだまって祈ること)をします。

hannki.JPG

被災者の方々、復興へ向け努力している人達などをおもい、心を集中して、平和への祈りをささげましょう。

2020年3月 9日 15:08 | コメント(0)

コメントする




入力必須項目

スパム対策のため半角英数字のみのコメントは受け付けできません。
このコメントは、承認制となっています。管理者が承認するまでサイトに表示されません。

学校について